nict

南極昭和基地における電離圏観測

しらせ

南極昭和基地

 日本の南極観測は、国際地球観測年(1957年7月~1958年12月)の参加から始まりました。

 1956年(昭和31年)、第1次隊が東オングル島に上陸し、付近を昭和基地と命名して4棟の建物を建設し、越冬を開始してから、既に60年近くが経過しています。

 現在の昭和基地は建物も50棟程度建ち、居住施設は格段に改善され、観測施設も近代化し数々の輝かしい成果をあげています。

 ここでは、情報通信研究機構より輩出した隊員達が現地での活躍時に取得した画像やデータをご紹介しています。

※南極昭和基地における電離圏観測は総務省からの委託業務「南極地域観測事業における電離層観測」に 基づき実施されているものです。

  • このウェブサイトに掲載している写真の無断転載を禁止します。
  • 掲載している写真の著作権は、国立研究開発法人 情報通信研究機構及び写真撮影者に帰属します。